20代フリーター 就職

20代 フリーターからの就職

20代 フリーターからの就職

当サイトでは正社員を目指して就活中の20代の方へ就職ポイントや就職に役立つ情報をご紹介しています。現在、就活中の20代の方のお役に立てればと思います。

就活を見直してみる

20代後半でフリーターを抜け出せないという方の中には就職できない焦りを感じている人も多いと思います。

世間では30代になると就職はより難しくなると言われており、30代目前の28~29歳の方ですとより焦りを感じているのではないでしょうか。

20代後半で就職できない焦りを感じている方はどのような就活を行なっているでしょうか。

採用をもらえない理由が就活方法の可能性もあるんですね。いくら優秀な人材でも安易な考えで就活を行うと失敗してしまいますし、逆に社会人経験のないフリーターだとしても慎重に就活を行えば採用をもらえる可能性はあります。

ではどのような方法で就活を行えば採用をもらう事ができるのでしょうか。

フリーター向けの求人・未経験を歓迎している求人を中心に探す

フリーターから就活を行う際、まずポイントになる事は「フリーター向けの求人・未経験を歓迎している求人を中心に探す」という事です。

中途採用をしている企業の多くは即戦力になる人材を求めています。実際に経験やスキルがある方が採用をもらえる可能性は高く、未経験のフリーターの方ですとどうしても就職は不利になってしまいます。

しかし、フリーター向けの求人・未経験を歓迎している求人はスキルや経験よりも人間性が重視されるんですね。

企業が求める人物像とうまくマッチングすれば採用をもらえる可能性もあるという事なんですね。

まずはフリーター向けの求人・未経験を歓迎している求人を中心に探し、その中から自分に合った仕事を見つける事で就職できる確率は高くなりますよ。

自分の性格や人間性、仕事への意欲・やる気をしっかりアピールする

先ほども述べましたが、フリーター向けの求人・未経験を歓迎している求人は人間性が重視される傾向にありますので、採用をもらうためにも自分の性格や人間性をしっかり企業にアピールしなければいけません。

自己分析、企業研究をしっかり行い、自分のどういう所が企業とマッチングするのかを考えていきましょう。

企業が求める人物像を事前に把握する事で志望動機や自己PRも作成しやすくなりますし、企業の事を盛り込んだ志望動機、自己PRを作成する事で企業側にも好印象を与える事ができますよ。

また、企業研究をしっかり行えば仕事への意欲・やる気も同時にアピールする事ができ、企業側にはより良い印象を与える事ができます。

書類選考で好印象を与える事ができれば面接へ辿り着く事ができるので志望動機・自己PRで自分の性格や人間性、仕事への意欲・やる気をしっかりアピールしていきましょう。

万全な状態で面接に挑む

面接はしっかり対策を行なってから挑む事が必須です。

どんな質問がきてもすぐに答えられるように答えを用意しておく、面接の雰囲気に慣れるために何度も模擬面接を行う、面接に相応しい服装・身だしなみとはなにかを把握する、面接でのマナーを身に付ける、など事前に行っておかなければいけない事は多くあります。

行き当りばったりで面接に挑むと高い確率で失敗してしまう可能性があるので万全な状態で面接に挑みましょうね。

面接まで来たら就職成功まであと1歩です。採用をもらえるまで気を抜かずに慎重に面接対策を行なっていきましょう。